小児歯科 | 札幌市厚別区の歯医者さんしのぐちこども歯科・きょうせい歯科

  • 電話番号

小児歯科
pediaric dentistry

小児歯科の流れ

当院ではお子さんと保護者の方にとって負担のかからない治療を目指すために、治療の前に困ってることやご希望される治療についてお話し合いをし、治療の進め方、必要な治療についてじっくりと保護者の方々とお話させて頂いた上でより良い方法を選択させて頂いております。

しのぐちこども歯科では「なるべく神経は抜かない、歯はなるべく削らない」方針をとっています。

●口腔内診査

お子さんは嫌がって泣いたりすることもあります。小さいお子さんはほとんどの方が泣きます。正しい診断をするためには正確な口腔内診査は必ず必要なことですので、多少押さえたりする場合がありますがしっかりと行います。

●ブラッシング

歯科衛生士によるブラッシングを行い、プラークなどを取り除き、さらに正確な口腔内診査を行います。また、歯磨きの状態をチェックしていきます。

●治療方針のお話し合い

保護者の方と口腔内診査の結果をよくお話しをし、虫歯になってからの治療だけでなく、ならないための一人ひとりに合った予防計画を立てます。必要に応じてレントゲン写真を撮影します。

●予防処置または治療

歯にやさしく、お子さんに優しい治療を心がけており、それに沿った治療を進めていきます。

予防処置についてはこちらです→

●歯の磨き方および食育指導

衛生士によるブラッシングでのプラークチェック(歯垢)後、それぞれの方に合った磨き方や歯ブラシの選択、補助用具(デンタルフロスなど)を指導していきます。食生活についても全員に指導させていただいております。

●定期検診

治療は定期検診を前提にしたものです。
治療がすべて終わると、3~4ヶ月後に定期検診のお知らせを差し上げます。
虫歯の早期発見はもちろん、年齢に合った専門的な指導や予防の処置を受けましょう。

小児歯科の留意点

お母さんが不安な気持ちで歯科医院にくると、お子さんは自ずと泣いてしまいます。
お母さんが信頼している歯科医師に不安なく診てもらうと、不思議とお子さんも泣かずにいられます。子どもはしっかりと感じ取るのです。

子どもが歯科治療で泣くのは、全てが初めてのことなので、何を、どのように、したらいいのかわからなくなるからパニックを起こして、泣くのです。また、子どもの「泣き」は、それでコミュニケーションをとっているのです。自然なことですから、心配はいりません。

よくある質問

フッ素塗布とは?
フッ素塗布による最も重要な2つの効果は脱灰の抑制と再石灰化促進です。歯の表面のエナメル質は水と有機物で覆われたアパタイトの無機質結晶です。結晶は炭酸塩や不純物を含んでいるため、酸に対して反応しやすいです。そこでフッ素塗布を行うと、だ液やプラーク、結晶内液中にフッ素が存在し、無機質結晶と結びつきます。結びついたフルオロアパタイト(FAP)は高い耐酸性を示し、虫歯に対して強い抵抗性があります。
また、酸に侵食された際、フッ素が溶けて存在していれば、脱灰現象をかなり抑制します。 さらに、脱灰化に伴うpH値の上昇期において、結晶表面に溶けたフッ素が存在していれば溶解したカルシウムやリン酸イオンと結合し、フルオロアパタイトのような結晶物質を歯の表面に生成し、再石灰化を促進させます。
何ヶ月ごとに塗ればいいのでしょうか?
人それぞれ違います。虫歯になりやすい人は3ヶ月に一回、普通の人は半年に一回くらいです。歯が生えてきたら早めに歯医者さんで塗りましょう。
シーラントとはどういうものですか?
臼歯(乳臼歯)には細かく複雑な溝がたくさんあります。この溝の掃除は難しく、そこに食べかすなどが入り込み虫歯の原因になることが多いです。そこで、その溝をきれいに掃除してあげてから、もう汚れが入り込まないよう溝を埋めてあげるのがシーラントです。
シーラント剤にはフッ素含有のものがあり、徐々にフッ素を放出するので、汚れ防止だけでなく、フッ素による脱灰抑制と再石灰化促進効果も期待できます。
何歳くらいからはじめればよいのでしょうか?
乳臼歯が生えてからすぐ行うのが望ましいです。
定期健診ではどのようなことをするのですか?
  • 虫歯の有無のチェック(診査とレントゲン写真)
  • 歯の清掃状態のチェック(ブラッシング法・フロスの有無)
  • かみ合わせ・歯並びのチェック
  • 生えかわりの状態のチェック
  • その年齢に見合ったブラッシング法の指導
家庭でできる予防用はありますか?
  • ブラッシング、補助清掃用具(デンタルフロス等)
  • おやつや時間は規則的に時間を決めて与える
  • フッ素の入った家庭用のジェル
おやつについて教えてください
普段はお茶、お水を飲む習慣をつけましょう。炭酸、スポーツドリンクなどのジュース類は控えましょう。 かみごたえのあるものや旬の果物や野菜を使ったお菓子を与えるのが理想ですが、種類の制限が難しい場合は時間と量をきめて与えましょう。だらだらあげるのは禁物です。
歯みがきを嫌っているこどもにはどうしたらいいですか?
習慣付けと意識付けが大切です。嫌がっても就寝前には必ず仕上げ磨きをしましょう。
乳歯期の虫歯にはどんな影響がありますか?
虫歯が大きくなると痛みが生じ腫れることもあります。
永久歯を作っている時期ですと、もろい歯になるなど、今後出てくる永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。
虫歯が大きすぎて歯が小さくなったり、抜かなくてはいけなくなると永久歯が生えてくる場所が足りなくなり、歯並びが悪くなることがあります。