予防歯科 | 札幌市厚別区の歯医者さん しのぐちこども歯科・きょうせい歯科

  • 電話番号

予防歯科
preventive dentistry

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。
シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は、歯全体の予防処置になります。
これらの処置を行っていくことにより、虫歯の予防効果は高くなるのです。

ブラッシング指導

歯を健康に保つためにもっとも大切なのは、歯磨きなどの日頃のケアです。
赤ちゃんや幼児に対しては、お母さんが丁寧にケアしてあげましょう。
また、1人で歯磨きができるようになっても、仕上げ磨きやチェックをしてあげることが大切です。歯の生え方などにより、一人一人磨き方が変わります。
しのぐちこども歯科では年齢やお口の中に合わせた歯磨き指導を行っています。

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のある歯科用のセメントで埋めてしまいます。

「六歳臼歯」に効果的

このセメントが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

定期管理が大切

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

食事&生活習指導

乳歯は永久歯と比べて虫歯になりやすいのが特徴です。
おやつを食べたがる子どもに対して、砂糖がたっぷり使われているおやつを与え続ければ、すぐに虫歯になってしまいます。それを防ぐために、時間を決めておやつを与えることや、食べた後は歯を磨くことを徹底させましょう。
また、顎を使って噛めるおやつを与えることで、子どもの顎の発育が促されます。

PMTC

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科専門のスタッフが専用の器具とペーストを使い、歯磨きでは落としきれない歯の表面の汚れ(ステイン)、歯垢(プラーク)やバイオフィルムを除去(クリーニング)する方法です。PMTCによってツルツルに磨かれた歯の表面は、歯垢がつきにくくなるため、虫歯の予防にもなります。また、歯の表面の着色が取り除かれることで、審美効果もあります。虫歯の進行抑制、虫歯の予防に効果的です。

注意

上記の処置は予防処置ですので、これらを行ったからといって、必ず虫歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境の改善を心掛けてください。